お問い合わせ

ホームご挨拶理念保育特徴イベント情報施設のご案内アクセス会社概要
保育特徴

保育スタンスについて

「こどもトレイン保育園」では、「見守る保育」を実践しています。

「見守る保育」とは、月齢や年齢によった保育をおこなうのではなく子どもたち一人ひとりの発達状態にあわせた援助や関わりをおこなっていく保育のことをいます。

「やってあげる保育から見守る保育へ」
これは、「新宿せいが保育園」で園長をされている藤森平司先生の言葉です。
藤森先生は、「見守る保育」の普及に向けて、全国的に活動をされていらっしゃる方で、新宿せいが保育園は、見守る保育の実践園として毎日多くの見学者が訪れている園です。

子どもの発達の速度は、一人ひとりの子どもによって異なります。早足さんもいればのんびりさんもいます。
わたくしども「こどもトレイン保育園」では、この一人ひとりの発達状態にあわせて子どもたちが健やかに成長できるよう、一人ひとりのお子様の様子をしっかりと見守り、個々にあわせた保育をおこなっていきます。

「見守る保育」の実践にあたっては、園児の発達状況を5領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)を中心に検証できるしくみとし、保育士の主観や年齢など枠にとらわれることなく、個々にあわせた保育を実践することをねらいとしています。

発達の5領域=「5つの生きる力とは?」

1.健康

安全などの生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の基礎をやしないます。

2.人間関係

他人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えをやしないます。

3.環境

自然や社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな信条や思考力の基礎をやしないます。

4.言葉

生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり、聞いたりする態度や豊かな言葉をやしないます。

5.表現

様々な体験を通して、豊かな感情を育て、想像力の芽生えをやしないます。

大切なお子様の成長の喜びが実感できるように、保護者面談などでは私たちの専門力をより駆使し保護者の皆様と一緒に子育てしていくような仕組みを取り入れています。

  • 発達の5領域については、保育所保育指針によります。

メインコンセプト

「こどもトレイン保育園」では、「感じる力をはぐくみ五感を豊かに!」を保育のメインコンセプトとしています。
五感とは、言わずと知れた見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触る、の五つの感覚です。
子どもたちが豊かな感性を育めるよう、五感を刺激する様々な取り組みをおこなっていきます。

0歳から4歳というのは、人間の発達過程において脳が最も発達する時期であると言われています。
この時期に、それぞれの発達過程に応じたたくさんの刺激を与えることは、とても大切です。
脳はすべての場所が体のどこかにつながっていて、そこの活動を処理していきます。
活動する場所によって神経回路の発達する時期は異なり、刺激を与えて使った脳の場所だけが働くようになるそうです。

「こどもトレイン保育園」では、この大切なチャンスを逃すことなく様々な刺激や体験を提供し、知能、手や指の機能、運動、社会性の発達はもちろんのこと、豊かな感性を育む教育プログラムの実施や環境創りをおこなっております。もちろん、これらのプログラムでは、子どもたちに画一的な成果を期待するのではなく、それぞれの子どもの成長や興味のスタイルなどに沿うことで、一人ひとりの「個」を大切にした関わりを行っていきます。

ワクワク・チャレンジプログラム

お散歩

季節の移り変わりを五感で感じ、好奇心を引き出します。
散歩に出掛ける公園は、「しらさぎ児童遊園」をはじめとして多数あります。
また、子どもたちの「気付き」を促すため、保育士より「テーマ」(花観察・空観察など)を提供することもあります。

絵本とともに

「絵本」「紙芝居」「ペープサート」などのお話し会を行います。
「絵」を楽しむ子ども、「音楽(音)を楽しむ子ども、雰囲気を楽しむ子ども、そして、その奥にある自分だけの豊かな世界を冒険する子ども・・・。
保育士がセレクトした良質な教材を用いて、たくさんの言葉のシャワー(刺激)を降り注ぎます。

今月のお歌

「今月のお歌」を設定し、みんなで楽しく歌います。
音・リズムを体全体で感じることはもちろん、お歌を通して季節を感じます。

オトタノシム(音楽) 日替わりプログラム

五感を使って「歌」を体感したり、音楽にのって手遊びをしたりなど、楽しい気持ちをチャージします。
また、リズム遊びや楽器を使った遊びを通しながら、音の強弱・メロディーがわかる・リズムに合わせて手が動く(太鼓を叩ける)などの目標にも取り組んでいきます。

へのへのもジジ 日替わりプログラム

「言葉」に触れる機会をより多くもてるよう「かるた遊び」「カード遊び」などを行います。
「文字」を覚えることがすべての目標ではなく、それぞれの「言葉」がもつ素敵な魅力を感じ、それらへの興味を育むことを主たるねらいとしています。

これなぁに? 日替わりプログラム

大中小・軽重・長短・○△□の形・半分の概念が直感的にわかるようになること。
三原色をはじめとして、三原色以外の色の違いがわかる(7色以上が目標)。
以上を目標として日常にある様々な素材を用いて、楽しみながら学んでいきます。

手のお教室 日替わりプログラム

「手のお教室」では、文字通り、「手」を用いた活動を行います。
お絵かき・シール貼り・新聞破り小麦粉ねんど、ひも通し、じゃんけんなどの活動を通し、手や指の動きをなめらかにしていくことがねらいです。

オーマイじぃにあす 日替わりプログラム

子どもたちは、一人ひとりが「クリエイター」。
子どもたちの創造性を育むべく、身近な素材を使った創作活動を行います。

  • 上記のプログラムは、予告なしに変更になる場合がございます。